2018.06.14更新

ジェネリックの「セントレックス」が安くてお得

セントレックスは、バルトレックスのジェネリック医薬品で、ヘルペスウイルスにより感染した疾患に効果が期待できます。
バルトレックスは性器や口唇ヘルペス、帯状疱疹、水疱瘡などのヘルペスウイルスに感染した疾患に処方される治療薬として広く知られていて、少ない回数で高い効果があるため最も優れた治療薬と言えます。
セントレックスセントレックスは、そのバルトレックスのジェネリックで先発薬の優れたところはそのままで安く購入できる薬です。

正しい用法用量を守ることでほぼ確実な治療効果が期待でき、セントレックスはそのバストレックスと同じ成分が配合されているジェネリック医薬品なのでバルトレックス同様にヘルペスウイルスに効果を発揮することが期待できます。
セントレックスは抗生物質と抗ウイルス剤として使われる医薬品で、性病や性感染症などに治療効果があります。
先発薬のバルトレックスはヘルペスや帯状疱疹などのヘルペスウイルスを抑制する抗ウイルス薬で、症状を最小限に抑えて治癒までの期間を早めることができます。

同じような抗ウイルス薬がありますが、それよりも少ない服用回数で同等の効果や効能がある優れた薬です。
セントレックスはジェネリック医薬品で、ジェネリックは新開発されたバルトレックスの特許が切れ、同じ成分で作られた後発医薬品なので成分は先発薬と同様のバラシクロビルが使われているため、同じ効果が期待でき開発費はかかっていないため安く購入することができます。

ジェネリックというと効果に不安を感じる人も少なくありませんが、先発薬と同じ成分のバラシクロビルが配合されているので先発薬と同様にヘルペスウイルスに感染した疾患への治療薬として服用できます。
セントレックスはジェネリック医薬品で、日本では購入することができないため、病院でも処方されることはありません。
購入する場合は個人輸入で買うことになりますが、海外の薬を購入することに不安がある場合には信頼でき日本の個人輸入代行業者が運営している通販を利用すると良いです。

セントレックスの服用量はバルトレックスと違う?

セントレックスはバルトレックスのジェネリック医薬品で、配合されている成分のバラシクロビルも同様で同様の効果が期待できる治療薬です。
服用量はバルトレックスは5日~10日間の期間に500mgを1日2回服用します。
再発予防の場合には1年間飲み続けることがあり、その場合には1日1回服用します。
服用する内容は症状や年齢になどによって調整されることがありますが、基本的には1日1000mgを上限として服用する薬です。

セントレックスの服用量は、バルトレックスと同じ服用量で対応可能です。
セントレックスもバルトレックスと同様に1日1000mgを上限に、500mgを1日2回服用し、再発防止の場合には1日1回服用します。
飲み続ける期間も同じバルトレックスと同じ期間が望ましく、セントレックスはバルトレックスと同じ成分が配合されているので服用量や期間などは同じと考えることができます。
セントレックスはジェネリックなのでバルトレックスと比較して服用する量を勝手に調整したりせずに服用することが大切です。
自己判断で飲む量を減らしたり増やしたりすることで効果が得られなかったり、逆に副作用が出る可能性があるため注意します。

服用の際の注意点や副作用についてはバルトレックスと同様のことがあります。
服用の注意点は、高齢者や腎臓機能が低下している場合には、服用することで副作用のリスクが高まることがあるため注意します。

また、個人輸入などで購入するため初めてセントレックスを飲む場合には作用が適切に働くかわからない場合があるため、服用して5日以内に症状が改善しない場合には医療機関を受診することが良い選択です。
副作用は軽度の下痢や腹痛、めまいの他、倦怠感、手足のむくき、排尿障害、腎機能障害などの症状があらわれることがあります。
副作用があらわれた場合には服用は中止して医師に相談します。