2018.09.05更新

カンジダ膣炎ってどんな病気?

カンジダ膣炎は性感染症ではないので、性行為の経験が全くない人も罹る可能性があります。
カンジダ膣炎は膣内の常在菌のカンジダ菌などの真菌が増殖した状態ですが、おりものの異常が見られることが多いです。
ヨーグルトのような形状や酒かす状のおりものになったり、色が白っぽくなり、陰部に強い痒みを伴うのが特徴です。
カンジダ膣炎は風邪などで体の免疫力が低下した時や、抗生物質を服用した時、妊娠を経験した時などに罹りやすい傾向があります。

普段の生活では規則正しい生活を心掛けたり、栄養バランスの良い食事を摂取して体力の低下を防ぐことが大事です。
カンジダ菌は真菌の一種なので、人間の体内に常在していますが、精神的なストレスや疲労が溜まった時は増殖しやすい傾向があります。
男性と性行為を行う時は必ずコンドームを装着させたり、病気が治癒するまではパートナーを感染させないために、性行為を行わないことも大事です。

カンジダ膣炎は比較的若い高校生や大学生に発症することもあります。
普段の生活ではタオルなどを家族と共用しないようにしたり、入浴時に陰部を清潔に保つことも大事です。
産婦人科カンジダ膣炎は誰でも罹る可能性のある病気ですが、専門クリニックや産婦人科を受診すると診断が付くことが多いです。

普段からおりものの形状に異常が見られたり、痒みや発疹などがみられる時は、早めに専門クリニックや産婦人科を受診することが大事です。
カンジダ膣炎は放置をしていると症状が悪化しやすいですし、トイレの便座やタオルの共用などで家族に感染させてしまう可能性があります。
専門クリニックや産婦人科の医師は慣れているので、恥ずかしさを感じる必要はありません。

病院では問診や診察が受けられますが、体に負担の少ない治療が受けられるので安心して下さい。
女性医師が在籍をしているクリニックを選ぶと、親切で丁寧な応対なので安心して通院ができます。
優れた効果のある医薬品が処方されるので、根気よく続けて下さい。

カンジダ膣炎の症状と治療法

カンジダ膣炎は10代のまだ未成年の人から、50代以降の人まで誰でも罹る可能性がある病気です。
カンジダ菌は膣内に常在している菌ですが、健康な時は病気を発症することは少ないです。
風邪や病気、ストレスなどで体の免疫力が低下していると、膣内のカンジダ菌が増殖してしまい、おりものに異常が見られたり、陰部に強い痒みを伴うのが特徴です。

専門クリニックや産婦人科では、抗真菌剤の塗薬や膣剤などを処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。
病院やクリニックでは膣内の洗浄も行っていますが、痛みなどはないので安心して下さい。
カンジダ膣炎は真菌が原因の病気なので、抗真菌剤などの医薬品は優れた効果が期待できます。

普段の生活では陰部を洗いすぎてしまうと逆効果になってしまうので、デリケートゾーン専用の石鹸を使って優しく丁寧に洗うと良いでしょう。
カンジダ膣炎は大変ポピュラーな病気なので、誰でも罹る可能性がありますが、体力が落ちた時は発症しやすいので注意をして下さい。
20代、30代の若い女性では妊娠を経験することも多いですが、ホルモンバランスの乱れなどが原因で膣内のカンジダ菌が増殖しやすい傾向があります。

妊娠中は普段よりも体がデリケートになっており、カンジダ膣炎を発症しやすいので、十分な休息や睡眠を心掛けることが大事です。
カンジダ膣炎の症状は大変不快なので、痒みが気にならない人の方が少ないでしょう。
抗真菌剤を使用していると痒みが改善してきます。

普段の生活では通気性の高い下着類を着用したり、締め付けの少ないボトムスを着用することが大事です。
恥ずかしいことではないので、気になる症状が見られたら、早めに受診して下さい。